活動報告

2011年9月16日

新しい政策調査会体制がスタート致しました

前原誠司 新政策調査会長の下で初めて開催される政策調査会役員会が開催され、冒頭、会長指名枠4名の新しい政調副会長の紹介が行われました。吉良州司は今回、党務に専念するということで、政府ではなくこの政調副会長(担当:「国家戦略」と「エネルギー政策」)の職を仰せつかりました。 この政調役員会は会議の冒頭のみマスコミオープンでしたので議論の中身については本ブログではご紹介は出来ませんが、一部報道に...続きを読む

2011年8月25日

網屋信介衆議院議員の朝食勉強会の講師を務めました。

今回のブログでは吉良州司の同僚議員である網屋信介衆議院議員の朝食勉強会に招かれ講師を務めましたことをご紹介したいと思います。 網屋信介議員は、7月13日に『菅総理の即時退陣を求めるの議』を官邸に提出した際に名前を連ねております。  朝食勉強会は朝7:30スタートということで、会社出勤前のビジネスマンの方々も参加出来る時間帯設定であります。勉強会には、金融関係のビジネスマンの方から弁護士な...続きを読む

2011年8月10日

BS11の『Inside OUT』に生出演致しました。

8月1日(月)BS11の『Inside OUT』に生出演致しました。 既にご覧になられた方から、「論旨が明快でとても分かりやすかった」や「吉良さんの思いに大変共感出来た」「メモを取りながら聞いていたが、初めて知ることも多く目からうろこが落ちた」などと嬉しいご意見を多数頂いておりますが、今回のブログでは、BS11「Inside OUT」番組出演の現場での様子、雰囲気を皆さんにお伝え致します。 B...続きを読む

2011年8月4日

猛暑の中、精力的に地区集会を行っています!

皆さん、こんにちは。まず嬉しいニュースとして、東九州龍谷高校女子バレー部が、全国高校総体で2年ぶり5回目の優勝を見事果たしました。本当におめでとうございます!また、夏の甲子園大分大会では明豊高校が優勝し4度目の甲子園出場を果たしました。この炎天下の中、高校生たちの元気はつらつとした姿は少々夏バテ気味の県民の疲れを吹っ飛ばしてくれます。そんな中で、高校生たち同様に夏バテ知らずの吉良州司は地元に戻り精...続きを読む

2011年7月29日

寒田校区公民館・光吉台中央公民館で地区集会を開催致しました!

三連休最終日の月曜日、午前中に寒田校区公民館、午後には集会光吉台中央公民館にて地区集会を開催致しました。この日は雨が降ったりやんだりと足元も悪く、ひじょうに蒸し暑い日でしたが、寒田校区公民館には15名、光吉台中央公民館には24名もの多くの参加者にお集まり頂きまして誠にありがとうございました。今回のブログでは光吉台中央公民館での集会の様子をご紹介させて頂きます。 光吉台中央公民館地区集会での国...続きを読む

2011年7月14日

『菅総理の即時退陣を求めるの議』 国益を考える会

平成23年7月13日 菅直人 内閣総理大臣殿 『菅総理の即時退陣を求めるの議』 ...続きを読む

2011年7月13日

地元大分での朝食勉強会

皆さん、おはようございます。 つい先日夏至を過ぎ、ここ最近の大分の日の出は5時ごろと早く、また、日中は大変暑くなってきました。よく言われることではありますが、夏は朝の涼しい時間を上手に活用することで充実した一日を過ごすことができます。 この度、その朝の貴重な時間を使い、吉良州司は民主党大分県連代表として、県連常任幹事会・幹事の皆さんとともに朝食勉強会を行いました。 朝の8時からホテルの...続きを読む

2011年7月6日

英国ジャーナリストの方々との意見交換会(朝食会)を行いました。

英国ジャーナリストの方々との意見交換会を行いました。この意見交換会は経済広報センター(日本経団連傘下の財団法人)主催で在英国の有力ジャーナリストを招聘し首相や閣僚などの主要政治家、企業トップなど各界要人との面談・インタビューを通して、日本の経済や産業の実態、政治や社会の動向などについて理解を深めてもらうというものです。 今回招聘された英国ジャーナリストは、フィナンシャル・タイムズ紙 経済担当論説...続きを読む

2011年6月24日

地元大分での国政報告会のご報告

皆さん、こんにちは。 大分は梅雨の真中にあるようで、毎日のように雨が降り、じめじめとした過しづらい日が続いています。今年の大分は例年に比べ4月、5月と雨が少なかったようですので、この雨のおかげで夏に向けての水不足が解消され、また、農家の方には恵みの雨となったようです。事務所スタッフも支援者の皆さん宅にご挨拶に伺うため、市内一円を飛び回っていますが、田植えが終わったばかりの瑞々しい田んぼを眺めていま...続きを読む

2011年6月17日

「原子力賠償スキーム 与野党議員に聞く 吉良州司氏」の記事をご紹介致します。

東京電力福島第一原子力発電所事故に関連する政府の賠償支援枠組み(原賠スキーム)を巡り、与野党の議論が活発化してきた。民主党の吉良州司衆議院議員は、党内議論の中心になった「原発事故影響対策プロジェクトチーム」(PT)メンバーの一人。現行の政府案について「100%責任を負わせるべきではないところに過重に責任を負わせている」と指摘。「原子力政策の決定にかかわった国が最終的な責任を負うことを表明すべきだ」...続きを読む

<<前へ次へ>>

バックナンバー