活動報告

三連休 地元大分での活動

先週末は日曜日・月曜日と地元大分での活動となりました。今回のブログでは週末大分での吉良州司の活動の様子をお伝えいたします。

先週は南米出張を終えたばかりでしたが、その本人の強い思いから、なんとか土・日・月の連休で大分へ戻れるように、我々スタッフも外務省と日程を調整し、各集会を予定しておりました。ところが、週末に急遽外務省からの日程変更があり、土曜日は公務のため戻ることが出来なくなってしまいました。土曜日の集会を楽しみにしていた皆さん、また、声をかけてくださった主催者の皆さんには突然の日程変更にも関わらず、快く御理解・御了承して下さり、頭が下がるばかりです。本当にありがとうございます。

今回の日曜日・月曜日の二日間で3つの集会を行いました。冒頭に一言、現在の民主党に対する不平、不満、政策に対しての批判は大歓迎であるから忌憚のない声をぶつけて欲しいとお伝えし、皆さんからの意見・質問に答える形でお話をいたしました。参加した皆さんからは普天間問題、子ども手当、チリ出張、外国人参政権に関する質問が相次ぎ、吉良州司はそれに対して一つ一つ丁寧にお答えしました。

IMG_7287.jpg

現在の民主党は、一方で、自民党政権時代の垢を落としながら、一方では、新しい政策を打ち出しながら、55年体制の土台がある中で懸命に努力している。もう少し温かい目で見ていただきたいということもお話しさせていただき、本音で議論をさせていただきました。皆さん、外務大臣政務官としての仕事に関する話や外交の話を食入る様にきかれており、終了時間が迫ってもまだまだ聞きたいという雰囲気でありました。久しぶりの集会であったこともありますが、皆さんと膝をつきあわせ、ざっくばらんに意見交換ができたのではないかと思います。

IMG_7279.jpg

地元を回り、皆さんとひざ詰めで意見交換をするという初陣の頃からのスタイルで、吉良州司は温かく見守ってくださっている多くの支援者の皆さんからたくさんの元気を頂いています。外務大臣政務官に就任以来、公務が増え、どうしても地元・大分へ戻る頻度が以前に比べ少なくなりました。吉良州司本人は、大分の皆さんに国政の現状をお伝えし、また、皆さんが感じる御意見や御提言をお聞きしたいという思いがとても強く、我々スタッフも今後もより一層大分での活動を増せるようにサポートしていきたいと思います。
DSCB4A~1.JPG

バックナンバー