活動報告

家族リフレッシュデーに参加しました

皆さんこんにちは。
臨時国会は補正予算が成立したのち直ちにテロ特委員会が行われ、今日衆議院本会議にていわゆる給油支援活動法案が採決・通過しました。大きな委員会が開始される第1委員会室おなじみの、後部傍聴席での声援やヤジを飛ばす議員の姿もみられず、皆さん選挙を意識して地元に戻られているようです。

本日は、大分地区労働者福祉協議会が組合員の家族向けに開催した「家族リフレッシュデー」に招待されたときの様子をお伝えします。

10月19日の日曜日、秋空のもと住吉浜で行われたこの催しは大分地区労働者福祉協議会の構成団体会員の皆様の交流を図る取り組みで、休日ということもあって小さなお子さんを連れた家族も多く参加し大変賑わいました。

IMG_3976.JPG
参加した大勢の人々の前で一言ご挨拶

3人娘の父親でもあり無類の子ども好きで知られている州司さんは、イベントの冒頭にて娘さんとのエピソードを交えた挨拶をしました。
この日の州司さんのネクタイはかわいいスヌーピーをあしらったものだったのですが、これは娘さんのお土産で父親州司さんにとっては思い出がいっぱい詰まったネクタイなのです。このようなエピソードを交えてご挨拶を終えたところ、会場にいた小さなお子さんが「スヌーピーのネクタイ見せて」と近づいてきたのです。もちろん州司さんは快く応じました。あまりにも可愛らしかったので思わず写真を撮ってしまいました。

IMG_3986.JPG
スヌーピーのネクタイをお子さんに見せる様子

挨拶の後は、砂浜に出て地引網に参加しました。かれい、きす、おこぜなどが網にかかり、思わぬ大漁に大喜び。地域のご家族、子どもたちとの交流も図れて大変有意義な一日となりました。州司さんが挨拶の中でも触れましたが、これからの日本をもっともっと元気な国にしていくには、若い子育て世代が元気になるような政策の実現が何より大事です。そのために民主党は「子ども手当法案」をかねてより提案しています。また、高校については無償化、大学については奨学金制度を充実させ、学びたい人が経済的な労苦なくして学ぶことができるようにすることを提案しています。そして、州司さんは独自に、抜本的に税制の直間比率の見直し、課税ベースの見直しなど税制改正などを通じ、子育て世代に関しては所得税を大幅に減じる形で支援することの重要性も考えています。子どもたちが無邪気に跳ね回り、その子らをやさしく見つめる両親の姿を目の当たりにし、次代を担う子どもたちが心身ともに健やかに成長していくこと、それを見守る家族が元気でいきいきとしていることの大事さを改めて感じた一日となりました。

IMG_3998.JPG
参加の皆さんと一緒になって地引網を引き上げる

バックナンバー