活動報告

10/19/2017【選挙戦第10日目報告】

公示日から10日目(木曜日)、選挙戦も本日を入れて3日となりました。

天候のことを書くのが嫌になるほど、相変わらずのグズ着いた天候が続き、一時は風雨とも強まりました。そんな日でも、選挙カーは終日市内を駆け巡りました。
選挙カーの声が聞こえると、次々に各戸から、応援のために表に出てきてくれます。平日でもあり、比較的高齢の方が多いのですが、そんな皆さんが握手をしながら、口々におっしゃることがあります。
「○○に勤めよる息子に頼まれたんよ」「娘から頼むち言われた」
口コミの効果を実感する瞬間です。
選挙も終盤を迎えて、皆さんによる支援の広がりを実感する日々となっています。

ただ、終盤に来ても状況は、相変わらずの拮抗した情勢が続いています。選挙は最後の3日間で決まると言われます。ここで緩んだ方が苦杯をなめることになります。

本日の最後は、個人演説会を城東中学校で行いました。
城東中学は、吉良の母校でもあり、地元の方や同窓生も数多く、駆け付けてくれました。母校での演説ということで、いつもにも増して、力強い演説となりました。
演説の最後のお願いのみ要約いたします。
「今回は安倍政権を終わらせるという一点に力を集約していただきたい。比例区の投票は希望の党にこだわる必要はなく、人を選ぶ小選挙区は、私、吉良州司をこの大分一区の代表として勝たせてください」

繰り返しになりますが、週末の天候は、台風の影響が心配されています。天気予報では、明日には一時的に天候が回復するそうです。
少しでも天候のいい時に、期日前投票をお願いいたします。

バックナンバー