活動報告

民主党大分県連主催の政治スクールにて吉良州司が講義を行いました!

皆さんこんにちは。
本年も残すところ後わずかとなりました。朝晩の冷え込みも厳しく、お風邪など召しませぬようお気をつけくださいませ。

さて、先週末の12月11日(日)に民主党大分県連第4期政治スクール(今年で4年目)を大分市内のホテルにて開催致しました。第4期政治スクールでは最後となる第6回目講座では、吉良州司が講師として約1時間30分の講義を行いました。講義テーマは「経済連携と日本の将来」とし、通期の受講生に加え、本講座のみ受講された特別聴講生と併せ90名を近い受講生の方々が、メモを取りながら熱心に受講致しました。

IMG_1416.JPG

 吉良州司は、経済連携プロジェクトチーム事務局長として民主党内の意見取り纏めを行った経緯を踏まえ、TPP(環太平洋経済連携協定)やFTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)などの多国間の経済連携協定について、基本的な仕組みや考え方、その国際社会における重要性、日本にとってのメリットとデメリット等を説明致しました。

IMG_1413.JPG

講演後の受講生の方々の感想の一部以下にご紹介致します。

・「TPP交渉は交渉なのだから、国益にかなわなければ離脱すれば問題はないと思う。」

・「代議士が(講義で)言われたように、『守るべきもの(農業や医療等)をしっかりと守りつつ、発展著しい国々の富を日本に取り込み、日本全体の富を増大させ、将来に亘り持続的成長が可能な経済へ導く』ことが必要だと思う。今の日本は、富める国ではなくなっている。日本のおかれた背景と現状と将来の三つを分析し、前に進めていかなければならない。今日の講義を聞いて、過去から現在、日本の未来を真剣に考えている代議士には、今後益々国政の中心で頑張ってもらいたい。」

その後、第4期政治スクール閉講式が行われ、民主党大分県連代表の吉良州司から、6回講座のうち5回を受講した受講生32名に修了書をお渡しいたしました。受講生代表者より講義の感想を頂き、参加者全員による温かい拍手で、第4期民主党大分県連政治スクールは、閉校致しました。

IMG_6538.jpg

これまでの全6回に亘る講義を受けていただいた受講生の皆さま、誠にありがとうございました。吉良州司は皆さまと共に研鑚に努め、素晴らしい大分・日本・世界を築いてまいりたいと思います。
また、来期政治スクール募集の際には、どなた様も奮ってご参加いただきますようお願いいたします。

バックナンバー