活動報告

吉良州司の地元大分での活動をご紹介致します。

皆さん、こんにちは。

台風15号の影響もあり先週末大分の天気は連日の雨となりました。とくに、連休明けの火曜日は大分市内では朝から叩きつけるような豪雨が続きました。この大雨の影響に加え、台風の影響で土砂崩れ等の災害が起こらなければいいがと願っておりましたが、幸いなことに大分市内では今のところ大きな被害は出ておらず、なにより人的被害がなかったことにほっと一安心しております。さて、吉良州司ですが、連休を含めた週末の3日間、地元大分に戻り活動いたしました。残念ながら3日間とも雨となりましたので、予定していた街頭演説ができず、本人、事務所スタッフも空を見上げ悪天候を恨みましたが、そのほかにも精力的な活動をしていますので、今回はその報告をさせていただきます。

土曜日は大分市職員労働組合の定期大会に出席し、民主党大分県連代表としまして挨拶をいたしました。野田佳彦新政権を支え、被災地の復旧・復興、原発事故の一刻も早い収束に全力を尽くすことを皆さんにお約束しました。その後、休む間もなく、民主党大分県連の行政区支部(大分市)の対話集会の会場に移動し、関係者の皆さんと行政区支部の在り方や今後の活動方針について議論を深めました。

IMG_1326.JPG

翌日の日曜日ですが、この日は大変有難いことに支援者の方のご自宅を利用させていただきまして、いくつかのミニ集会を開催することが出来ました。集会の中では、新政権となっても民主党の政権交代の意義である、「生産者」優先の政治から、「生活者」優先の政治へという理念自体は決して間違っておらず、これからも国民生活を直接支援していくような政策に向けて取り組んでいくということをお話ししました。具体的には、民主党のばらまき4Kと批判されている子ども手当、高校無償化、(農家の)個別所得補償、さらに、高速道路無料化について、その本質的な目的とその必要性を一つずつ丁寧に説明し、皆さんにご理解していただきました。また、経営者の方々とのミニ集会では経済に関するお話が中心で大変盛り上がりました。それぞれのミニ集会がとても有意義なものとなり、これもご協力いただいた支援者の皆さんのおかげでありまして、この場をお借りして心からお礼申し上げます。

IMG_1331.JPG

IMG_1337.JPG

最後に、大分に戻る際に常に同行していますスタッフから吉良州司の普段の一面を紹介します。それは、吉良州司とともに次のミニ集会開催のための移動中、中心の商店街を歩いていましたら、吉良州司は中古パソコンのお店の店頭に並べてあるパソコンに目がとまり、突然「今何時かな?」と同行するスタッフに尋ね「次の集会までもう15分しかないです。」と答えましたところ、「よし、決めた!」とものの何分かで事務所用の中古パソコンの購入を即決してしまいました。常日頃、決断力が大事だと言っている吉良州司ならではの行動にスタッフも驚かされました。
今後も何気ない普段の一面から吉良州司のエピソードを皆さんにさらにお伝えできればと思っています。

バックナンバー