吉良からのメッセージ

2017年11月11日

希望の党 共同代表選挙

昨日、希望の党の共同代表選挙が行われ、玉木雄一郎さんが選出されました。短期間ではありましたが、昨日の討論会といい、今日の所信表明といい、レベルの高い、素晴らしい選挙だったと思います。 取り急ぎ、代表選挙における私の投票行動と所感についてご報告いたします。 私は、大串博志さんに投票しました。 私が重視したポイントは3つです。 ひとつ目は、小池代表の色をどこまで薄めることができるのか、...続きを読む

2017年11月5日

安全保障法制に対する吉良州司の考え方

安保法制に対する吉良州司の考え方をお伝えします。 1、絶対に戦争をしてはならない、戦争に巻き込まれてもならない   まず、安全保障に関する私の根源的な考えは「絶対に戦争をしてはならない。戦争に巻き込まれてはならない」「自衛隊を海外で(自国防衛以外の目的で)武力行使や軍事的後方支援をさせてはならない」、一方、「我が国を侵略するような国や勢力が出てきた場合には、自衛隊を中心として日本全体が...続きを読む

2017年10月26日

希望の党のはじめての議員懇談会に参加して

昨日、希望の党のはじめての議員懇談会がありました。 その簡単な様子と私の発言要旨をお伝えします。 まず、冒頭、小池代表から「自らの発言により大変なご迷惑をかけて申し訳なかった」とのお詫びを含む挨拶があり、その後、参加議員から様々な意見、要望が出されました。 意外だったのは、「排除」発言、踏み絵(上納金や政策協定)が大逆風を招いてしまったこと、結果として党全体でも大敗北を喫し、何よりも...続きを読む

2017年10月26日

あらためて御礼申し上げます。

昨日、希望の党の議員懇談会に出席しました。懇談会の様子や私の発言内容などについては、別途ご報告致しますが、こうして、再び国会に戻ることができたのも、私をご支援くださった全てのみなさん、おひとりおひとりのお蔭と、心の底から感謝申し上げます。 今回の選挙は超短期決戦であり、解散から公示前まで平日はわずか7日しかなく、選挙準備も困難を極め、本来なら解散後すぐに支援のお願いに赴くべきところ、また、電...続きを読む

2017年10月23日

当選のご挨拶

突然の解散からわずか2週間足らずで選挙が始まるという超短期決戦にもかかわらず、皆さまの熱いご支援により、大接戦に持ち込むことができました。 残念ながら選挙区では力及びませんでしたが、九州比例惜敗率1位(96.6%)で比例当選を果たすことができました。 これもひとえに皆さまお一人おひとりのお力によるものと心より感謝申し上げます。 今回与えていただいた議席の重みを自覚し、皆さまの声を国会に届ける...続きを読む

2017年10月9日

いよいよ明日から選挙戦です

みなさん、こんにちは 吉良州司です。 明日は総選挙の公示日です。 9月28日の突然の解散からわずか11日。この間だけでも、世論の関心と変遷はめまぐるしいものがありました。 解散直後は、「大儀なき解散」が世論の関心事でした。私自身も安倍総理会見で、解散理由を聞いた時、こんな無茶苦茶なこじつけが許されるのか、と憤りました。 「民主主義の原点でもある選挙が、北朝鮮の脅かしによって左右さ...続きを読む

2017年10月5日

希望の党の公認に

一昨日(10月3日)、「希望の党」の公認となりました。 前回、お伝えしたように、今回は「民進党公認」という選択肢がありません。それゆえ、「希望の党から出ることになるだろう」と前回のメルマガでお伝えしました。それ以降に、「排除の論理」や政策協定への署名を含む多くの全く予期せぬ「壁」が出てきました。屈辱心と戦いながら超えねばならない「壁」です。全ての民進党前議員が追い風を求めているわけではないの...続きを読む

2017年9月30日

民進党公認立候補予定者は原則として「希望の党」へ

一昨日9月28日に衆議院が解散されました。これから10月22日に向けた実質的な選挙戦が始まります。   本来、解散直後のメルマガは、迫力ある内容であるべきだと思いますが、多くのみなさんが今一番知りたいことは、「民進党が希望の党に合流するって、どういうこと?」だと思いますので、そのことについてお伝えしたいと思います。 「民進党、希望の党へ合流か」という報道に関して、解散直後に開催された民進...続きを読む

2017年8月21日

民進党代表選挙は前原誠司候補を支持します

今日のメッセージは少し長くなりますが、最後までお付き合い戴ければ幸いです。 今日8月21日、民進党代表選挙には前原誠司氏と枝野幸男氏のふたりが立候補を届け出て、9月1日の投票に向けての選挙戦が繰り広げられることになりました。 私は、前原誠司さんを支持することに決めました。8月18日には同氏と二人で小一時間ゆっくりと話しをし、私自身が考えていることも伝えさせてもらいました。 その際、前原さ...続きを読む

2017年8月9日

北方領土の国後島・択捉島を訪問して感じたこと

今日は、先月7月6日から10日まで、北方領土の国後島・択捉島にビザなし交流訪問団の一員として参加したことのご報告です。なお、訪問団は、北方領土に居住していた方、その子供及び孫並びにその配偶者、北方領土返還要求運動関係者、報道関係者、訪問の目的に資する活動を行う学術、文化、社会等の各分野の専門家等から構成されていて、今回は総勢61名でした。 このビザなし交流は1992年に始まり今年25年になり...続きを読む

次へ>>

バックナンバー