吉良からのメッセージ

2021年8月18日

感染拡大と豪雨。動画アップのメルマガ自粛

デルタ株を中心とする感染拡大が止まりません。首都圏は勿論、全国的にも過去最多の新規感染者数を記録する都道府県が続出しており、大分県も昨日は148人と過去最多となってしまいました。医療崩壊、助かる命を助けられない危機的状況です。
我が国においてロックダウンのような個人の行動制限を強いることが適切かどうかの議論がありますが、その是非を含む感染拡大防止、医療崩壊を防ぐための臨時国会を一刻も早く開会することを強く求めます。

また、現在も続く九州を中心とする全国的な豪雨災害への対応についても激甚災害指定や補正予算等への対応が急務であり、臨時国会開会は国権の最高機関としての責務だと思います。
緊急事態宣言対象地域の拡大や期限延長に関する菅総理の記者会見は、安倍晋三前総理以来続く「強いリーダーシップを印象づけようとする」言葉だけは発せられますが、結果をほとんど出したことがない言葉や対応策、それに的外れの説明や答弁には全く説得力がなく、「緊急事態宣言」に意味があるのか、その意義すら問われる状況になっています。
コロナ対応や災害対応には、与党も野党もないどころか、野党からも現実的に効果のある対応策の提案を含む議論の用意がありますので、早期の臨時国会召集を求めます。

さて、8月11日の吉良州司メールマガジンにおいて、今後は、ほぼ毎日のように動画をホームページにアップするとお伝えしました。
しかし、その後、九州をはじめ全国的な豪雨が続き、感染拡大も止まらない中、被災・罹患された方々の事を思うと「人間吉良州司」についての動画は笑いを誘うようなインタビュー内容も含まれていることから、動画アップを知らせるメールマガジンについては自粛すべきと考え発信していません。
しかし、動画自体はホームページにアップし続けていますこと、この場をかりてお伝えさせて戴きます。

デルタ株は20代、30代の元気のいい若者の命まで容赦なく奪ってしまう恐ろしいウイルスです。くれぐれもご自愛され、健康に過ごされますよう、お祈り、お願い申し上げます。

吉良州司

バックナンバー