吉良からのメッセージ

日本チームの大健闘に感謝!

今回も前回に引き続き、ワールドカップでの日本チームの活躍についてです。

今日は、日本中が寝不足で、しかも気落ちしている日だと思います。ワールドカップ日本チームのベルギー戦の惜敗は本当に残念でなりません。2点を先取した時点では「これはいけるぞ!」と多くの日本人が興奮の渦の中にいたと思います。でも、ベスト8への壁、そして世界屈指の攻撃力を持つベルギーの壁は高く、厚かったと認めざるをえません。悔しく、残念ですが、ベルギーの底力に敬意を表したいと思います。

この大健闘により、予選リーグのポーランド戦における時間稼ぎパス回しの評価について、結果論ではありますが決着がついたように思います。私は、どちらも「あり」だと思っていました。予選リーグを戦う目的は決勝トーナメントに進むことですから、その目的を忠実に遂行したことを評価します。セネガルが勝つかもしれない、引き分けるかもしれないというリスクは西野監督も十分承知した上で、コロンビアの力、残り時間などを勘案し、そのリスクを取ったのです。これ以上の失点をせず、イエローカードの反則をしなければ、決勝トーナメントに進出できる可能性は極めて高いと判断し、全ての責任を背負って決断したのです。自分の後ろには誰も責任を取る人間がいないというリーダーの辛く厳しい決断だったと思いますが、鬼になりきった采配は見事でした。一方、仮に自分が西野監督の立場であれば、リーダーとしては失格ですが、イエローカード反則には注意を促しつつ、最後まで点を取りにいく決断をしたと思います。「サムライ・ジャパン」と言われる「サムライ」のイメージ、潔さ、爽やかさ、最後まで諦めない粘り強さ、などにこだわったと思います。会社経営など、多くの名経営者は、ほとんど西野監督的決断ができる方々です。その意味において、私にはリーダーの資格がありません。

今日未明のベルギー戦において、縁起でもないのですが、最後の最後に嫌な予感が的中してしまいました。最後の3点目を失うきっかけは、本田のコーナーキックが直接ゴールキーパーにキャッチされ、そのままカウンター攻撃に繋がったことでした。最後の勢いは日本チームにあったのですが、私は背の高いベルギー守備陣相手に、直接ゴール前にボールをあげることは得策ではないと思っていました。得点できる可能性が低い上に、カウンター攻撃にあうリスクが高いと思ったからです。コーナーキックをしようとする本田のすぐ近くにはフリー状態で香川がいたのです。この香川向けのショートコーナーを選択して、(コーナーキックをあげてのゴール前のドサクサ攻撃よりも、)一度、香川を起点に攻撃態勢を整えて(その場合は日本チームの背の高いバックス陣も少し引いた陣形となり、カウンター攻撃に対応できるので)最後のゴールを狙うべきだと思っていました。それは時間的にも延長戦につながる選択だと思ったからです。テレビに向かって「香川へのショートコーナーだ!」と叫びましたが、その声は届かず、その後は悪夢を見るようでした。
結果としては、負けましたが、原口や乾のゴールは美しく、見事な、歴史に残る名ゴールでした。それらのゴールを演出した柴崎や香川のアシストも見事でした。

ポーランド戦を除く3試合に6得点した今回のチームの活躍は本当に素晴らしかった。ベスト8の壁は厚かったですが、日本チームが世界の強豪を相手に堂々と戦えること、勝てることを証明してくれました。スポーツが大好きな子供たちにどれだけ大きな夢を与えてくれたことでしょう。多くの人々にどれだけ心躍らせる日々や時間を与えてくれたことでしょう。
西野監督をはじめとする全選手の頑張りと活躍に心から感謝したいと思います。

これからも頑張れ、ニッポン!

吉良州司

バックナンバー