お知らせ・新着ニュース・メッセージ

2019年11月15日

メッセージ【文部科学委員会にて給特法改正案の質問に立ちました】
11月13日、文部科学委員会にて給特法改正案の法案審査の質問に立ちました。当該改正法案は、教員の「働き方改革」を給特法の改正により推進しようとするものです。 この働き方改革の目的は、『現在の教師の厳しい勤務実態を踏まえ、教師のこれまでの働き方を見直し、教師が我が国の学校教育の蓄積と向かい合って自らの授業を磨くとともに日々の生活の質や教職人生を豊かにすることで、自らの人間性や創造性を高め、子供たちに対して効果的な教育活動を行うことができるようになること』です。… 続きを読む

2019年11月12日

明日11:00~11:40、衆議院文部科学委員会で「給特法改正案」の質問に立ちます。
どうか皆様、インターネット中継で応援して下さい!

2019年11月3日

メッセージ【ラグビーワールドカップを終えて!】
10月20日から好試合の熱戦を繰り広げてきたラグビーワールドカップが、昨日、イングランドを破った南アフリカの優勝で幕を閉じました。 南アフリカ!優勝おめでとうございます! 南アフリカに対しては、日本中の熱烈なファンから日本の分まで頑張って優勝してほしいとの期待の声が大きくなっていましたので、本当に嬉しく思います。
… 続きを読む

2019年10月31日

メッセージ【緒方貞子さんのクルド人救済に思う知行合一】
イスラム国(IS)を相手に、最前線で一歩も引かずに勇敢に戦うクルド人について、日本ではあまり馴染みがないと思います。最近は「クルド人」と検索すれば、すぐに民族の歴史をはじめ、その詳細情報を入手できますので、ここでは、詳細は割愛しながら、緒方貞子さんが、イラク領内のクルド人を「難民」として救った背景に絞って、自分の思うところをお伝えしたいと思います。… 続きを読む

2019年10月30日

メッセージ【緒方貞子さんのご冥福を祈ります】
国連難民高等弁務官を務め、世界の苦難にある人々の命、人権を守る最前線に立ってきた緒方貞子さんが逝去されました。衷心よりご冥福をお祈りします。 私は外務大臣政務官、副大臣時代、緒方さんが国際協力機構JICA理事長の時に数回お会いしていますが、信念の人でした。確固たる、揺るがない信念こそが、先例のない全く新しい局面においても、命を守ることを最優先する決断をされ、多くの命を救いました。 … 続きを読む

2019年10月23日

メッセージ【台風19号で被災した長野県を視察しました】
一昨日10月21日、台風19号で大きな被害を受けた長野県の被災地を視察しました。 訪問先は、佐久市、上田市、長野市、中野市の被災地と被災者宅、長野県庁(県知事はじめ災害対策本部幹部と面談)などです。 … 続きを読む

2019年10月22日

メッセージ【即位礼正殿の儀への参列とラグビーワールドカップ日本チームへの感慨】
誠に光栄なことですが、本日、天皇陛下「即位礼正殿の儀」に参列しました。荘厳な即位礼でしたが、高御座から即位を宣言するタイミングで雨がやんだことは、まさに日御子(ひのみこ)の即位ならではのことと(実際には、偶然かもしれないのですが、必然のように思わせる)歴史と伝統を感じさせるに十分でした。… 続きを読む

2019年10月19日

メッセージ【ラグビーワールドカップ 日本頑張れ】
明日はいよいよラグビーワールドカップの決勝トーナメント準々決勝日本対南アフリカ戦です。私は9月20日の開幕戦の日本対ロシア戦、地元大分の開幕戦となったニュージランド対カナダ戦を見に行きましたし、アイルランド戦、サモア戦、スコットランド戦もテレビに食い入るように見ながら日本チームを熱烈に応援しました。 … 続きを読む

2019年10月16日

【台風19号の犠牲者のご冥福を祈り、被災者にお見舞い申し上げます】
今回の台風19号の犠牲者のご冥福を祈り、被災者にお見舞い申し上げます。 事前の気象庁の会見で「1200人の犠牲者を出した昭和33年の狩野川台風に匹敵する大型の台風である」ことを呼びかけたことで、多くの人が「充分な備えや命を守る行動」をとったにもかかわらず、これほどまでに多数の犠牲者が出たこと、… 続きを読む

2019年7月26日

メッセージ【安倍総理のトランプ大統領との蜜月ぶりに物申す】
今日は、前回メッセージの最後の文章で紹介した、参議院選挙の応援弁士として訴えた内容の内、トランプ大統領に関する点だけに絞ってお伝えします。個人演説会という場の、一般参加者向けの応援弁士としての発言であることは前以て留意願います。 … 続きを読む

2019年7月25日

メッセージ【参議院選挙のお礼と野党共闘の苦悩】
参議院選挙大分選挙区における、「安達きよし」へのご支援、また、比例区では国民民主党へのご支援、誠にありがとうございました。お蔭様で大分選挙区では、全国的にも激戦区として注目される中で、現職に勝利することができました。… 続きを読む

2019年4月17日

今日4月17日14時から文部科学委員会の質問に立ちます。前回質疑した「低所得者世帯の子供への高等教育機関への進学につき、経済的に支援する法律案」は原案通り(但し付帯決議を付した)衆議院を通過しましたが、前回の質疑で提案した考え方や具体策は、与党や文部科学省内にも賛同者が多く、今日は一般質疑の時間ではありますが、当該法案の今後の運用、よりよき内容へ修正したいという思いを込めて… 続きを読む

2019年4月2日

明日、4月3日10時50分から11時35分まで文部科学委員会の質問に立ちます。 低所得者世帯の子供への高等教育機関への進学につき、経済的に支援する法律案についての質疑です。 根本的な哲学についての質問と具体的提案をしたいと思っています。 時間ある方は、インターネット中継からご覧戴けます。 …続きを読む

2019年3月19日

メッセージ【心愛ちゃんの悲劇を二度と繰り返してはならない 東京都新宿児童相談所を視察して】
目を覆うばかりの児童虐待の現状を何とかしたいと思い、先日3月5日、東京都新宿区の児童相談所を野党議員とともに視察しました。本日は、視察と職員との意見交換を通して、感じたことをお伝えしたいと思います。… 続きを読む

2019年3月14日

メッセージ【北方領土問題の本質と対応13 最終回 先の大戦への深い反省】
北方領土問題シリーズ第13弾、最終回です。 今回は、本シリーズの最終回として、「北方領土問題の本質」に迫りたいと思います。 今を生きる日本人の中で、北方領土問題が「先の大戦を始めたことと、もっと早く終戦できなかったことに真の原因がある」と認識、自覚している人が一体何人いるでしょうか。… 続きを読む

2019年3月12日

メッセージ【北方領土問題の本質と対応12 大戦時の同盟国ドイツに学ぶこと】
北方領土問題シリーズ第12弾です。 今回は、第二次世界大戦時、日本の同盟国であったドイツの戦後対応に学ぶべきことについてお伝えします。尚、下記するドイツの歴史については、東京大学名誉教授の坂井榮八郎先生の著書や講演録を参考にしています。… 続きを読む

2019年3月9日

メッセージ【北方領土問題の本質と対応 その11 現実的解決策】
北方領土問題シリーズ第11弾です。 前回(その10)では、北方領土問題について、これまでの歴史的経緯やロシア側の譲れない条件などを考慮しながら、現実的な解決策に迫っていくため、次のような「現実的な基本的認識」をみなさんと共有させてもらいました。… 続きを読む

2019年3月7日

メッセージ【福島第1原子力発電所を視察しました】

先日3月4日、東京電力福島第1原子力発電所を、国民民主党視察団の一員として訪問しました。 原子力事故の翌年2012年秋に、東京電力福島第2原子力発電所は視察と激励に訪れていたのですが、第1発電所は事故後8年が経った時点でのはじめての訪問となりました。… 続きを読む

2019年3月4日

メッセージ【北方領土問題の本質と対応 その10 基本的認識の共有】
北方領土問題シリーズ第10弾です。 前回のメルマガでは、ロシア側の言い分について冷徹な説明を試みました。そして、ロシアが北方領土交渉において絶対に譲れない条件は「第二次世界大戦の結果として、北方4島はソ連(ロシア)の領土になった、ことを日本が認め、受け入れること」だ、ということが、過去の交渉経緯や最近のラブロフ外相の強硬発言から見てとれました。 … 続きを読む

2019年3月1日

昨日、世界中が固唾をのみながら見守っていた米朝首脳会談が決裂しました。 既に日本政府や多くの識者が語っているように、「安易な妥協」が成立しなかったことに、私自身も安堵しています。 北朝鮮が核を放棄することはありえず、経済制裁の解除と経済的・人道的支援を受けるために、表面的、一時的に「いい子」を演じるだけです。 … 続きを読む