お知らせ・新着ニュース・メッセージ

2017年1月23日

メッセージ【トランプ大統領就任に思う】
米国時間1月20日にトランプ政権が誕生しました。 就任式、就任演説については、各国、各界から様々なコメントが発出されています。重なる見解もあるかもしれませんが、本メルマガで私の感想をお伝え致します。 … 続きを読む

2017年1月20日

活動報告【第193回国会開会】
本日、第193回国会が開会されました。本会議前の代議士会で今国会の課題や姿勢など会派の仲間と心合わせをしました。

2017年1月18日

活動報告【基幹労連トップリーダーセミナーで講演】
1/12 日本の主要な基幹産業である鉄鋼、造船、非鉄鉱山などで働く皆さんで構成された基幹労連のトップリーダーセミナーが滋賀県で開かれ、TPP推進の意義について講演させていただきました。

2017年1月1日

みなさん、あけましておめでとうございます! 吉良州司です! よい年を迎えられたこととお慶び申し上げます。昨年も温かくご支援戴き、誠にありがとうございました。特に、夏の参議院選挙におきましては、足立信也参議の3期目の当選にご尽力戴きましたこと、厚く御礼申し上げます。… 続きを読む

2016年12月5日

メッセージ【トランプ氏の米国大統領選挙勝利に思う その4】
前回のブログでは宗教的、社会的側面からの米国建国史を紐解いて米国共和党の歴史的背景についてお伝えしました。 本ブログでは、米国民主党の支持基盤の歴史背景について説明し、前回の共和党支持基盤の歴史的背景も加味しながら、今回の大統領選挙においてトランプ氏が勝利した理由について私の考え方をお伝えしたいと思います。 … 続きを読む

2016年12月3日

メッセージ【トランプ氏の米国大統領選挙勝利に思う その3】
前々回のブログでは、米国移民史から紐解いて共和党、民主党支持者の夫々の源流についてお伝えしました。同ブログについてはかなりの反響があり、大統領選挙を理解する上で、米国の歴史的な背景につき続きが読みたい、とのご意見を戴きました。 そこで、今日は主に共和党の源流になるわけですが、宗教的、社会的側面から米国建国の歴史的背景についてお伝えします。 … 続きを読む

2016年12月1日

メッセージ【トランプ氏の米国大統領選挙勝利に思う その2】
前回は、米国移民史から紐解く米国大統領選挙の背景についてお伝えしました。このテーマについては引き続きシリーズでお伝えしたいと思っていますが、本ブログでは、遅きに失した感は否めませんが、去る11月17日夕(日本時間18日朝)のニューヨークでの、安倍晋三総理とトランプ次期大統領との会談についてお伝えします。… 続きを読む

2016年11月11日

メッセージ【トランプ氏の米国大統領選挙勝利に思う その1】
世界中の人々が驚きを隠せなかった米国大統領選挙でのトランプ氏勝利。私自身も、隠れトランプ支持者が多いと思われることから「もしかすると、ありうるかも」とは思いつつ、やはりクリントン氏が勝利するだろうと思っていました。 … 続きを読む

2016年10月31日

メッセージ【TPP合意の意義について】
TPP特別委員会では、激しい攻防が行われており、民進党は「一般論としては、経済連携を推し進めることに賛成で、TPPそのものに反対するものではないが、今次安倍政権により合意されたTPPには反対」という立場を取っています。 私は、民主党政権時代、TPPへの参加の是非を議論する「経済連携プロジェクト・チーム(PT)」の事務局長として、TPP議論を取り仕切る立場… 続きを読む

2016年10月30日

メッセージ【外務務員会での「地政学的外交戦略」についての質問(3)】
先週の外務委員会での質問内容報告その3です。 まず、コロンビアの地政学的位置づけを明確にするために、岸田外務大臣に「米国ニューヨークとアルゼンチンの首都ブエノスアイレスのちょうど中間点はどこか」と質問しました。地理に詳しい人でも、多くの場合、キューバとか、ドミニカなどとの回答が返ってきますが、答えは「コロンビアの首都ボゴタです」。… 続きを読む

2016年10月27日

メッセージ【外務務員会での「地政学的外交戦略」についての質問(2)】

昨日の外務委員会での質問内容報告の続きです。 TPPが上海協力機構に対抗しうる地政学的枠組みだと主張したのは、世界地図で上海協力機構とTPPを色分けすると顕著になるのですが、上海協力機構がユーラシア大陸のかつてのモンゴル帝国の版図に匹敵する「陸の帝国」であるのに対して、TPPは太平洋を囲んだ「海の帝国」と位置づけられるのです。 … 続きを読む

2016年10月26日

メッセージ【外務務員会での「地政学的外交戦略」についての質問】

今日の午前中に外務委員会で質問をしましたので、質問内容につき報告します。 今回の質問の最大の問題意識は「地政学的外交戦略」です。 中国が「上海協力機構」「一帯一路構想(陸のシルクロード経済ベルト=一帯構想と21世紀海上シルクロード=一路構想)」、それらを実現するための資金的支援ツールである「アジアインフラ投資銀行」や「シルクロード基金」など、… 続きを読む

2016年10月25日

10/26(水)10:10~、外務委員会で質問に立ち、地政学を念頭に置いた外交戦略について質問する予定です。インターネット審議中継で是非ご声援ください!

2016年9月16日

メッセージ【代表選挙を終えて】

民進党代表選挙の結果、蓮舫新代表が選出されました。 党員・サポーターのみなさん、代表選挙へのご協力、投票、誠にありがとうございました。 私自身は、前回のブログでお伝えしたように、前原誠司さんに投票しましたが、蓮舫新代表が「民進党は新しく生まれ変わった」という発信と、見放されてしまった民進党への関心と期待を今一度呼び覚ましてくれることを信じたいと思います。 … 続きを読む

2016年9月7日

メッセージ【民進党代表選挙 前原誠司氏支持を決断】
現在、民進党代表選挙が行われていますが、悩みに悩みぬいた結果、前原誠司候補を支持することを決断しました。 本ブログを通して、党員・サポーターのみなさんをはじめ、ご支援いただいているみなさんに私の決断についてお伝え致します。… 続きを読む

2016年7月31日

メッセージ【ポピュリズムと将来世代への責任】

最近の新聞記事の中で、政治が短期志向に陥っているという記事が出ていました。 その趣旨は次のようなもの(吉良州司の意訳)です。 「参議院選挙における国民の最大関心事はやはり社会保障だったが、残念ながら参議院選挙では、社会保障を持続させるための「給付と負担」の関係、特に負担の必要性について政治家も政党もきちんと国民に説明していなかった。日本の政治が責任感を喪失し、ポピュリズムに堕している。… 続きを読む

2016年7月22日

お知らせ

吉良州司事務所では、公設の政策秘書、第一秘書・第二秘書および私設秘書を募集しています。政策秘書は東京の会館勤務、第一秘書・第二秘書および私設秘書は地元大分での勤務ができる方を希望しています。
お問い合わせは、衆議院第2会館(TEL:03-3508-7412)懸川 まで。
もしくは、「ご意見・問い合わせ」ページより、「秘書応募」の旨を明記して送信ください。

2016年7月9日

活動報告

選挙戦終盤、全国屈指の激戦区の大分に前原誠司元外務大臣も来県され、大分駅前にて街宣を行いました。大分県民の意思が問われる重要な選挙をしっかりと選択をして欲しいと、強く皆さんに訴えました。

2016年7月2日

活動報告


稙田タウンにて、安倍政権が進めるアベノミクスの失敗が明らかになっていること、アベノミクスが地方の暮らしを如何に苦しくしているか、などなど大分の皆様に熱く訴えかけました。

2016年6月23日

活動報告

 参議院選挙の告示日の朝、吉良州司は応援弁士として駆けつけ「あらゆる勢力を結集し、安倍政権にノーを突きつける」と訴えました。 夜に賀来小中学校で行われた政談演説会でも雨にもかかわらず集まってくださった皆さまに熱く呼びかけました。