お知らせ・新着ニュース・メッセージ

2020年3月17日

メッセージ【コロナウィルス感染問題による経済危機に対する大胆な救済策の必要性】
コロナウィルス感染問題により、世界主要株式市場では株価が大暴落を続けており、今やリーマンショック級、否それ以上の世界経済危機に陥りつつあります。わが国経済も株価は勿論、世界的サプライチェーンの寸断、観光業、飲食業、エンターテインメント産業など、主にサービス業関連施設や店への人出の大幅減少などにより、実体経済も危機的状況に陥りつつあります。 … 続きを読む

2020年3月4日

メッセージ【コロナウィルス感染にともなう損失補償について+「アベノミクスは私たちの暮らしをよくしているのか」の連載を終えて】
今、わが国はもちろん世界中が新型コロナウィルス一色となっています。この件については、連載の冒頭でもお伝えしましたように、素人の私が私見を述べるより、専門家の意見に耳を傾けた対応をしたいと思います。 その上で、一点だけ申し上げたいことがあります。損失補償についてです。 … 続きを読む

2020年2月25日

メッセージ【アベノミクスは私たちの暮らしをよくしているのか その2 アベノミクスの実感と日本経済停滞の真因】
2017年の広報誌において「私たちの暮らしとアベノミクス ~経済至上主義から幸せ感を最重視する社会へ~」と題する特集を私、吉良州司が執筆しました。今の今にも通用する、否、むしろ、この3年間、アベノミクスは日本の社会経済を何ら解決していないことが明確になる特集ですので、3年前の論考ですが、是非、目を通して戴きたいと思います。… 続きを読む

2020年2月19日

メッセージ【アベノミクスは私たちの暮らしをよくしているのか その1】
今喫緊の課題は「新型肺炎」の中国、わが国を含む世界的感染拡大にどう対応するかですが、この件については、私が素人的な見解を発信するよりも、専門家の英知と経験を結集しての政府対応に期待するしかありません。私から敢えて発信しないことをご理解願います。 一方、2月17日に内閣府が発表した2019年10月~12月のGDP速報値は年率換算マイナス6.3%で、この数字を巡って衆議院予算員会を始め、… 続きを読む

2020年1月22日

メッセージ【政党合流の見送りについて】
今日は国民民主党と立憲民主党の政党合流が事実上見送られたことについて、私が思うところをお伝えします。 この問題は昨年暮れから議論が始まり、(1)衆参両院での合流、(2)政党名、人事、政策など対等な関係、(3)参議院における信頼醸成、という3条件を持って、玉木代表、平野幹事長により立憲民主党の枝野代表と福山幹事長と交渉を進めていました。… 続きを読む

2020年1月8日

メッセージ【新年早々、中東情勢の不安定化に思う】
みなさん、あけましておめでとうございます。よい年を迎えられたことと思います。 新年早々飛び込んできたのは、米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官をイラクで殺害するという衝撃のニュースでした。また、本日8日にはイランがその報復として、在イラク米軍基地に弾道ミサイルを撃ち込んだとのこと、一挙に中東の緊張が高まっています。… 続きを読む

2019年12月15日

メッセージ【英国の総選挙結果に思う】
英国時間の12月12日投票の総選挙は、BREXITを掲げるジョンソン首相率いる保守党が、過半数を大きく上回る議席を獲得し圧勝しました。 このメルマガを書いている時点では識者の分析などは一切読んでない中で、結果論になるかもしれませんが、飽くまで自分の独断分析として、次のような要因があったのではないかと思います。… 続きを読む

2019年12月9日

11月27日文部科学委員会の議事録をウェブサイトに掲載しました。

2019年12月5日

メッセージ【ペシャワール会・中村哲医師のご冥福を祈ります】
まさに日々命懸けで、危険極まりないアフガニスタンにおいて、医療救済活動、灌漑事業など、人道活動に携わってきたペシャワール会・中村哲医師が銃弾に倒れ、逝去されました。衷心よりご冥福をお祈りします。 私はまだ、民主党政権前の2008年11月、党の勉強会において、中村さんを講師として招いた際にお目にかかっています。 その講演の中で、中村さんは「アフガニスタンを大干ばつが襲っている。… 続きを読む

2019年12月5日

メッセージ【はやぶさ2プロジェクト記述についての修正と補足】
昨日発信したメッセージ内容につき、一点だけ修正とお知らせがあります。 昨日のメッセージでは『「はやぶさ2」が地球に戻り、大気圏に突入する際、採取した岩石を格納しているカプセルだけを残して、全て燃え尽きる様子を見たら、私は大粒の涙を流すと思います。中略。見事にそのミッションを果たして戻ってくる、その雄姿そのままで地上に戻ってきてほしいのですが、カプセルを残して燃え尽きてしまうのです。… 続きを読む

2019年12月4日

メッセージ【科学技術特別委員会の質問に立ちました。その2】
前回は、(1)理論と実証、(2)核融合技術、(3)宇宙開発についての質問の中で、理論と実証、核融合技術開発のみ取上げ、宇宙開発については、次回とすることをお伝えしていました。 その宇宙開発について、次のような質問をしました。 まずは、「はやぶさプロジェクト」の意義についてです。… 続きを読む

2019年11月28日

メッセージ【科学技術特別委員会の質問に立ちました】
昨日、11月27日、科学技術特別委員会でのはじめての質問に立ちました。 冒頭、(1)理論と実証、(2)核融合技術、(3)宇宙開発について質問することを告げ、特に、何故、核融合と宇宙開発を取り上げるかについて、自分の問題意識を次のように語りました。この問題意識は、私が昨年の臨時国会からこの科学技術特別委員会に属している大きな理由でもあります。… 続きを読む

2019年11月18日

メッセージ【文部科学委員会にて給特法改正案の質問に立ちました その2】
前回のメッセージでは、先日13日の文部科学委員会におけて給特法改正案質問に関し、その委員会質疑をご理解戴くための基本情報(給特法とは何か、何故給特法改正案が出てきたのか等)及び、文部科学省に提出した質問要旨(質問通告)につき、お伝えしました。 また、15日にも引き続き、法案審議が行われ、質疑終局後は、法案および付帯決議に対する採決が行われました。 … 続きを読む

2019年11月15日

メッセージ【文部科学委員会にて給特法改正案の質問に立ちました】
11月13日、文部科学委員会にて給特法改正案の法案審査の質問に立ちました。当該改正法案は、教員の「働き方改革」を給特法の改正により推進しようとするものです。 この働き方改革の目的は、『現在の教師の厳しい勤務実態を踏まえ、教師のこれまでの働き方を見直し、教師が我が国の学校教育の蓄積と向かい合って自らの授業を磨くとともに日々の生活の質や教職人生を豊かにすることで、自らの人間性や創造性を高め、子供たちに対して効果的な教育活動を行うことができるようになること』です。… 続きを読む

2019年11月12日

明日11:00~11:40、衆議院文部科学委員会で「給特法改正案」の質問に立ちます。
どうか皆様、インターネット中継で応援して下さい!

2019年11月3日

メッセージ【ラグビーワールドカップを終えて!】
10月20日から好試合の熱戦を繰り広げてきたラグビーワールドカップが、昨日、イングランドを破った南アフリカの優勝で幕を閉じました。 南アフリカ!優勝おめでとうございます! 南アフリカに対しては、日本中の熱烈なファンから日本の分まで頑張って優勝してほしいとの期待の声が大きくなっていましたので、本当に嬉しく思います。
… 続きを読む

2019年10月31日

メッセージ【緒方貞子さんのクルド人救済に思う知行合一】
イスラム国(IS)を相手に、最前線で一歩も引かずに勇敢に戦うクルド人について、日本ではあまり馴染みがないと思います。最近は「クルド人」と検索すれば、すぐに民族の歴史をはじめ、その詳細情報を入手できますので、ここでは、詳細は割愛しながら、緒方貞子さんが、イラク領内のクルド人を「難民」として救った背景に絞って、自分の思うところをお伝えしたいと思います。… 続きを読む

2019年10月30日

メッセージ【緒方貞子さんのご冥福を祈ります】
国連難民高等弁務官を務め、世界の苦難にある人々の命、人権を守る最前線に立ってきた緒方貞子さんが逝去されました。衷心よりご冥福をお祈りします。 私は外務大臣政務官、副大臣時代、緒方さんが国際協力機構JICA理事長の時に数回お会いしていますが、信念の人でした。確固たる、揺るがない信念こそが、先例のない全く新しい局面においても、命を守ることを最優先する決断をされ、多くの命を救いました。 … 続きを読む

2019年10月23日

メッセージ【台風19号で被災した長野県を視察しました】
一昨日10月21日、台風19号で大きな被害を受けた長野県の被災地を視察しました。 訪問先は、佐久市、上田市、長野市、中野市の被災地と被災者宅、長野県庁(県知事はじめ災害対策本部幹部と面談)などです。 … 続きを読む

2019年10月22日

メッセージ【即位礼正殿の儀への参列とラグビーワールドカップ日本チームへの感慨】
誠に光栄なことですが、本日、天皇陛下「即位礼正殿の儀」に参列しました。荘厳な即位礼でしたが、高御座から即位を宣言するタイミングで雨がやんだことは、まさに日御子(ひのみこ)の即位ならではのことと(実際には、偶然かもしれないのですが、必然のように思わせる)歴史と伝統を感じさせるに十分でした。… 続きを読む