吉良州司の思索集、思うこと、考えること

それでもTPPを諦めるな!~トランプ政権TPP離脱宣言!~(広報誌15号)

トランプ政権のTPP離脱表明により、米国を含めたTPPの発効は極めて厳しくなりました。しかし、それでも我が国としては粘り強くTPPの成立に全力を尽くすべきです。将来の米国参加に門戸を開いたまま、米国を除く11カ国でTPPを船出させることも大きな選択肢だと思います。 私は民主党政権時代、TPP参加の是非を議論する「経済連携プロジェクト・チーム」の事務局長として、議論を取り仕切る立場でした。個人とし...続きを読む

それでもTPPを諦めるな!~トランプ政権TPP離脱宣言!~(広報誌15号)

トランプ政権のTPP離脱表明により、米国を含めたTPPの発効は極めて厳しくなりました。しかし、それでも我が国としては粘り強くTPPの成立に全力を尽くすべきです。将来の米国参加に門戸を開いたまま、米国を除く11カ国でTPPを船出させることも大きな選択肢だと思いま... 続きを読む

激動する世界に向けて、日本から共生社会の発信を ~ポピュリズムと戦い、将来世代への責任を果たす政治を~(広報誌15号)

激動する世界 昨年は世界が地響きをたてて大きく揺らぐ年でした。特に、英国のEUからの離脱決定、米国大統領選挙でのトランプ氏の勝利は、大方の予想を覆す結果となりました。7つの海を支配した大英帝国と、英国の覇権を引き継いで第1次世界大戦後から世界の覇権国となった米国という近現代をリードしてきた新旧2大覇権国において衝撃的な国民の意思が示されたことは驚きでした。 そして、1月20日、トランプ政権...続きを読む

激動する世界に向けて、日本から共生社会の発信を ~ポピュリズムと戦い、将来世代への責任を果たす政治を~(広報誌15号)

激動する世界 昨年は世界が地響きをたてて大きく揺らぐ年でした。特に、英国のEUからの離脱決定、米国大統領選挙でのトランプ氏の勝利は、大方の予想を覆す結果となりました。7つの海を支配した大英帝国と、英国の覇権を引き継いで第1次世界大戦後から世界の覇権国とな... 続きを読む

バックナンバー