吉良からのメッセージ

2018年6月18日

大阪北部地震のお見舞い

今朝、大阪府北部で発生した直下型地震において、犠牲になられた方々に哀悼の意を表しますとともに、怪我をされた方々、今後の生活や仕事で困難を余儀なくされる方々に、お見舞い申し上げます。政府へは迅速かつ万全の対応を働きかけてまいります。 これからの季節は地震に加え、昨年も地元大分を含む九州が被災しましたが、豪雨による災害にも備えなければなりません。災害対応には与党も野党もありません。国を挙げて備えを充...続きを読む

2018年6月13日

米朝首脳会談に思う

歴史的といえば歴史的な米朝首脳会談が実現し、共同声明が発出されました。 この件は、報道でも詳細に取り上げられていて、多くの識者からも様々なコメントが出されていますので、本メルマガでは、事実関係や一般的な論評は割愛し、ごく簡単に私の考え方をお伝えします。 (1)トランプ大統領の中間選挙を睨んだパフォーマンスの域を出ない、極めて成果の薄い会談であった。 (2)成果が出ていない原因は、(時間的...続きを読む

2018年6月11日

野党の国会質問とマスコミの報道姿勢について

国会もいよいよ終盤です。この通常国会の期間中、私は我が国が抱える課題について、国会図書館や衆議院調査室の協力を得ながら、様々なデータや論考文献を取り寄せ、自分なりの分析を試み、政策に繋げるための勉強をしてきました。その一部については、所属委員会である経済産業委員会をはじめ、財務金融委員会、外務委員会、内閣委員会において、質問という形で披露してきました。まだ、全ての分析結果や自分の政策提言を披露でき...続きを読む

2018年6月7日

怒りと悔しさで涙がとまりません

虐待を繰り返されたあげくに亡くなった東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)のご冥福を祈ります。 残されたメモから、幼いながらも必死に生きようとしていた姿が目に浮かびます。どれだけ、温かい親の愛情を求めていたことか。無碍なくて、悔しくて、そして怒りで涙がとまりません。 幼いのに、あんなに人の心を打つ言葉をもっていた。人の親ならば、いや、人ならば、必ず伝わるはずの言葉や心が結愛ちゃんの親に...続きを読む

2018年5月7日

新党「国民民主党」への結党参加

報道等でご案内の通り、希望の党と民進党のかなりの数の衆参議員が、今日5月7日に新党「国民民主党」を立ち上げます。私は、新党結成に参加し「生活者主権」「将来世代最優先」の政権をめざすつもりです。 国民民主党の結成に参加すれば、昨年の総選挙との兼ね合いから、厳しい批判に晒されることは必至です。そのことは承知の上で、敢えて新党参加を決断しました。 思いもよらず短期間で所属政党を2回も変えることになっ...続きを読む

2018年3月13日

財務省公文書改ざん問題に思う

森友学園への国有地売却を巡る決裁公文書改ざん事案は、あってはならないことであり、政権そのものの体質が問われる極めてゆゆしき問題です。 この問題を考える時、今さらながら政治の難しさを痛感します。「忖度行政」「忖度官僚」を生み出したものは何か。それは、内閣人事局制度とその運用に他なりません。 かつての官僚人事は各省の事務次官を中心に事務方がほぼ決めていましたが、「省あって国なし」という言葉...続きを読む

2018年1月1日

明けましておめでとうございます

みなさん 明けましておめでとうございます。 よいお年を迎えられたこととお慶び申し上げます。 昨年は、突然の総選挙となりましたが、再び国政に携わらせて戴き、誠にありがとうございました。みなさんのご支援に心から感謝申し上げます。 さて、昨年も一昨年に続き激動する世界を目の当たりにしました。世界各地で拡がる人種、宗教、民族、所得資産格差による分断と対立、それを世界のリーダーであるはずの米...続きを読む

<<前へ

バックナンバー