吉良からのメッセージ

2019年4月17日

今日4月17日14時から文部科学委員会の質問に立ちます

今日4月17日14時から14時50分まで文部科学委員会の質問に立ちます。 前回質疑した「低所得者世帯の子供への高等教育機関への進学につき、経済的に支援する法律案」は原案通り(但し付帯決議を付した)衆議院を通過しましたが、前回の質疑で提案した考え方や具体策は、与党や文部科学省内にも賛同者が多く、今日は一般質疑の時間ではありますが、当該法案の今後の運用、よりよき内容へ修正したいという思いを込めて...続きを読む

2019年4月2日

明日4月3日文部科学委員会の質問に立ちます

明日、4月3日10時50分から11時35分まで文部科学委員会の質問に立ちます。 低所得者世帯の子供への高等教育機関への進学につき、経済的に支援する法律案についての質疑です。 根本的な哲学についての質問と具体的提案をしたいと思っています。 時間ある方は、インターネット中継からご覧戴けます。 吉良州司続きを読む

2019年3月19日

心愛ちゃんの悲劇を二度と繰り返してはならない 東京都新宿児童相談所を視察して

目を覆うばかりの児童虐待の現状を何とかしたいと思い、先日3月5日、東京都新宿区の児童相談所を野党議員とともに視察しました。本日は、視察と職員との意見交換を通して、感じたことをお伝えしたいと思います。しかし、このメルマガは衆議院議員という立場ではなく、ひとりの人間として、また、3人の娘の父親としての思いを綴りますので、予め、ご了承ください。 最近の児童虐待を看過するわけにはいきません。昨年、結...続きを読む

2019年3月14日

北方領土問題の本質と対応 その13 最終回 先の大戦への深い反省

北方領土問題シリーズ第13弾、最終回です。 前回の第12弾では、第二次世界大戦時の同盟国であったドイツの戦後対応(ドイツが固有の領土を永久放棄してまで、悲願の東西統一を成し遂げたこと、ワイツゼッカー大統領の世界に感銘を与えた演説など)に学ぶべきことをお伝えしました。 今回は、本シリーズの最終回として、「北方領土問題の本質」に迫りたいと思います。 私は、ワイツゼッカー大統領演説の中...続きを読む

2019年3月12日

北方領土問題の本質と対応 その12 大戦時の同盟国ドイツに学ぶこと

北方領土問題シリーズ第12弾です。 前回の第11弾では、平和条約締結ができなくても、4島の主権を主張し続ける選択肢と一部の島の主権を放棄することになるが、ロシア側が受け入れる可能性のある現実的選択肢を提示させてもらいました。 今回は、第二次世界大戦時、日本の同盟国であったドイツの戦後対応に学ぶべきことについてお伝えします。尚、下記するドイツの歴史については、東京大学名誉教授の坂井榮八郎...続きを読む

2019年3月9日

北方領土問題の本質と対応 その11 現実的解決策

北方領土問題シリーズ第11弾です。 前回は福島第1原子力発電所視察のメルマガでしたが、前々回は、北方領土問題について、これまでの歴史的経緯やロシア側の譲れない条件などを考慮しながら、現実的な解決策に迫っていくため、次のような「現実的な基本的認識」をみなさんと共有させてもらいました。(前々回のメルマガ内容は、こちらをご参照願います。 1.4島の主権主張は正論だが、1島の返還もなく、平和条...続きを読む

2019年3月7日

福島第1原子力発電所を視察しました

先日3月4日、東京電力福島第1原子力発電所(「第1原子力発電所」または「第1」)を、国民民主党視察団の一員として訪問しました。 原子力事故の翌年2012年秋に、東京電力福島第2原子力発電所(「第2原子力発電所」または「第2」)は視察と激励に訪れていたのですが、第1発電所は事故後8年が経った時点でのはじめての訪問となりました。当時なぜ第2を「激励」するために訪問したのか、については、本メルマガの後...続きを読む

2019年3月4日

北方領土問題の本質と対応 その10 基本的認識の共有

北方領土問題シリーズ第10弾です。 前回のメルマガでは、ロシア側の言い分について冷徹な説明を試みました。そして、ロシアが北方領土交渉において絶対に譲れない条件は「第二次世界大戦の結果として、北方4島はソ連(ロシア)の領土になった、ことを日本が認め、受け入れること」だ、ということが、過去の交渉経緯や最近のラブロフ外相の強硬発言から見てとれました。 これ以降のメルマガでは、これまでの歴史的...続きを読む

2019年3月1日

米朝首脳会談決裂に思う

昨日、世界中が固唾をのみながら見守っていた米朝首脳会談が決裂しました。 既に日本政府や多くの識者が語っているように、「安易な妥協」が成立しなかったことに、私自身も安堵しています。 北朝鮮が核を放棄することはありえず、経済制裁の解除と経済的・人道的支援を受けるために、表面的、一時的に「いい子」を演じるだけです。 しかし、理性と知性と判断力に欠けるトランプ大統領が、自分ファースト、米国フ...続きを読む

2019年2月28日

北方領土問題の本質と対応 その9 ロシア側の言い分

北方領土問題シリーズ第9弾です。 前回のメルマガにて「外交には相手があり、相手なりの正論もあるので、まずは、歴史的経緯を確認、共有して、相手の主張の背景に何があるのか、相手が絶対に譲れない条件は何なのかを見極める必要がある」とお伝えしました。 今回は、ロシアが「4島の主権はロシアにある」とする主張の背景につき(歴史的経緯の中で、ヤルタ会談における米英からの対日参戦要求が最大の根拠であると説明しまし...続きを読む

次へ>>

バックナンバー