吉良からのメッセージ

2018年10月22日

仙谷由人先生の逝去を悼む

ご無沙汰して申し訳ありません。あまりに突然の訃報に、茫然自失の状態が続いています。自分でも驚くほどの大きな衝撃と悲しみを感じています。敬愛してやまない、元官房長官の仙谷由人先生が黄泉の国へと旅立ってしまいました。先月、仙谷先生が主催される勉強会「21世紀改革研究会」に参加し、隣の席で会話を交わしたばかりでした。亡くなる1週間程前には電話で、国際経済学者の中前忠先生と一緒に食事をしようという会話をし...続きを読む

2018年10月6日

日米二国間協議について思う。その2

前回に続く日米二国間協議についての第2弾です。 前回のブログでは、世界経済を歴史的に俯瞰した上で、今なお、基本的にはブレトン・ウッズ体制下にあること、しかし、通貨金融秩序の安定と自由貿易を目的とする同体制が今、トランプ大統領が掲げる「米国第一主義」と「自由貿易の否定」により大きな危機にあることをお伝えしました。 今、わが国は極めて難しい判断を迫られています。それは、気まぐれトランプ大統...続きを読む

2018年10月3日

日米二国間協議について思う。その1

今日は、今話題の日米二国間協議についてです。 国連総会を活用した日米首脳会談において「TAG(Trade Agreement on Goods)」の協議(日米二国間の関税など貿易に関わることを新たに取り決める物品貿易協定の協議)を開始すること、(米国からの輸入農産物を想定していると思われますが)新しい関税率はTPPのそれを下回るようにはしないこと、TAGの交渉中は、我が国が最も懸念する、対米...続きを読む

2018年10月2日

岩屋毅・防衛大臣誕生を祝す

今日、第4次安倍晋三内閣が発足し、大分県から久しぶりに岩屋毅さんが防衛大臣となりました。心からの祝意を送りたいと思います。 岩屋さんとは、今から30年前、私が大分県庁に出向していた時から親交があり、私のニューヨーク駐在時代も手紙のやり取りをしていた間柄で、会社員時代は岩屋毅東京後援会の一員でもありました。 勿論、今は、相争う政党に属しているため、お互いに私情を挟むことなく、堂々と戦って...続きを読む

2018年10月2日

台風24号のお見舞いと日本列島の不思議

またしても台風24号が猛威を振るい、日本中が暴風雨に見舞われました。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。 私の地元の大分市でも主要幹線道路とJR豊肥線の一部が土砂崩れのために不通となる事態が発生しました。災害復旧に与党も野党もないので、復旧に向け全力で後押ししたいと思います。 それにしても、まれにみる暴風、強風、豪雨を伴っての日本列島縦断で...続きを読む

2018年9月28日

広島カープの優勝を契機に、自分の性分について考える

最近は、何かにつけて数十年前の昔話をすることが多くなっていますが、本ブログでもお付き合いください。 広島カープがセリーグの優勝を果たしました。3年連続の優勝、素晴らしい快挙です。本当におめでとうございます。調査したわけではありませんが、広島カープは財政的に最も貧しいチームではないでしょうか。しかし、貧しくとも、熱烈な広島市民を中心に最近はカープ女子が躍動する最も暖かく、最もまとまりのあるファ...続きを読む

2018年9月27日

大分の60歳代は無茶苦茶元気です!Dear Friendsのコンサートに行って

去る9月22日(土)夜、大分市の「iichikoグランシアター」で開催された、地元の音楽グループ「Dear Friends」のコンサートを楽しんできました。 Dear Friendsは、大分舞鶴高校の先輩である南こうせつさんが結成した「初代かぐや姫」の創設メンバーのひとりとしてリードギターを担当していた森進一郎さん(68)がリーダーを務める、60年~70年代のフォークソングやニューミュージックを...続きを読む

2018年9月16日

北海道胆振東部地震の被災地を視察しました

昨日、9月15日(土)、国民民主党・災害対策本部の古川元久本部長を団長として、副本部長・吉良州司と、被災地を選挙区とする山岡達丸衆議院議員、北海道道連幹事長の平賀貴幸網走市議会議員、党本部及び道連事務局スタッフを団員として、北海道胆振東部地震の被災地、札幌市清田区里塚(液状化被災地)、大規模な土砂崩れや家屋倒壊のあった、安平(あびら)町、 厚真(あつま、あづま)町、鵡川(むかわ)町、を視察しました...続きを読む

2018年9月11日

9月10日発売「文藝春秋」10月号の同級生交歓に登場しています

今日は、みなさんにお知らせです。9月10日発売「文藝春秋」10月号の同級生交歓に、昭和48年大分県立大分舞鶴高校に入学の、私を含む同級生6人が登場しています。 掲載された文章の基ネタになる原稿は私が執筆していますが、文藝春秋社が、社としての方針と所定の文字数に照らして最終掲載文に収めています。 高校入学、在学当時の状況や各人の特徴的なプロフィールを詳しく文藝春秋社に伝えるため、私の基ネタ原...続きを読む

2018年9月11日

台風21号による広域被害及び北海道胆振東部地震へのお悔やみとお見舞い

ご無沙汰して申し訳ありません。この間、猛威を振るった台風21号 及び 9月6日午前3時過ぎに発生した北海道胆振東部地震の壮絶な被害を目の当たりにして、改めて、災害大国日本の現実に直面させられました。犠牲になられた方にお悔やみを申し上げますとともに、被害を受けられた方、今なお避難所生活を余儀なくされている方に、心よりお見舞い申し上げます。 台風21号では、まさに映像の時代を象徴するように、被害...続きを読む

次へ>>

バックナンバー